これまでの歩み

SAF+produce vol.1『希望人の海から』+『芸能海兵ウズメ組』


SAF+の第一弾プロデュース公演は、シアターグリーン学生芸術祭(SAF)Vol.7において最優秀賞を受賞した「第27班」と、優秀賞を受賞した「レティクル東京座」の2団体合同公演。


■「希望人の海から」(長編作品)

【脚本・演出】佐々木瞳

【あらすじ】

2003年の日本海沖。マグロの遠洋漁業に出港した漁船では非人道的酷使がまかり通る職場環境であった。そこから逃亡しようと試み、臨時用の小さなフェリーに乗り脱出した乗組員のコマツ、シミズ、エンドウ、レイナ。彼らには船を操縦する技術は無く、あえなく遭難してしまう。減ってゆく食糧やガソリン。進めど進めど陸は見つからず。迫りくる絶望を前にして次第に冷静さを失う4人。

コマツの妹、ナミコは長崎県の離島で兄の帰りを待っていた。しかし兄は一向に帰らない。それでもナミコはひたすら兄を待つ。

2003年に小惑星探査機「はやぶさ」の打ち上げが行われ、2010年にはやぶさが帰還した。その旅は果てしなく、そして孤独であった。その様子をドキュメンタリー番組「開拓者達の航海」で紹介していく。

いくつもの場面が交錯的に繰り返され、ラストへと繋がる「帰る」為の物語。

【出演】

 鈴木研、高橋沙樹、富田喜助、初野祐奈(以上、第27班)

 石川水木、板橋優里(劇団SHOW)、小川千尋(創像工房infrontof.)、木幡雄太(アナログスイッチ)、

 佐藤陽友(実験劇場)、中野雄斗((石榴の花が咲いてる。))、藤木陽一、三宅勝、

 もりみさき、渡辺伸一朗(アナログスイッチ)


■「芸能海兵ウズメ組」(短編作品)

【作・演出】 赤星ユウ(レティクル東京座)

【あらすじ】

大日本帝國の崇高なる海を守る帝國海軍。その中には傷つく兵士を歌って踊って慰問する、戦場での芸事を司る・通称「芸能海兵ウズメ組」という部隊が存在していた。

ウズメ組に配属された新米海兵・岩望都(いわもと)テツミは日々厳しい稽古に汗水垂らしながらもウズメ組の輝かしき「スタァ」となるためアイドル中央略奪戦争の渦中へ潜ってゆく!

華やかなアイドル部隊の舞台裏、は、愛憎渦巻く万華鏡ピトレスク!

 【出演】

 青海アキ(レティクル東京座)、上岡福音(劇団活劇工房)、古俣晨(劇団回転磁石)、

さとうみさき(ニシキ荘)、篠原正明(ナカゴー)、長谷澤和子(劇団活劇工房)、東侃輝(劇団唐ゼミ☆)、

星秀美、松浦智美(オムプロモーション)、山田勇亮(劇団今夜が山田/しもっかれ!)、山本沙和、吉澤清貴


■会場

シアターグリーンBASE THEATER


■STAFF&CREDIT

舞台監督:黒澤多生(劇団SHOW)

舞台美術:松坂貴大(劇団SHOW)

音響:川越太郎(第参校舎)

照明:寿里(白昼夢)

宣伝美術:伊佐奈月(in企画)

制作:SAF+

票券管理:ハイカラテクノガール

当日運営:よしよしこ(アナログスイッチ)、田中幸子

プロデューサー:朝比奈文邃

企画制作:(株)リロ・プロダクション

製作:(株)アリー・エンターテイメント、SAF+事務局

主催: シアターグリーン、(株)アリー・エンターテイメント

協力:in企画、アナログスイッチ、オムプロモーション、劇団今夜が山田、しもっかれ!、劇団回転磁石、劇団唐ゼミ☆、劇団活劇工房、劇団SHOW、(石榴の花が咲いてる。)、実験劇場、創像工房in front of.、第27班、第参校舎、ナカゴー、ニシキ荘、白昼夢、レティクル東京座


SAF+produce 2017『逝ったり生きたり~ver GREEN~』

★★3年ぶり…帰ってきたSAF+★★

小劇場、夏の風物詩シアターグリーン学生芸術祭(SAF)。11年目の新生SAFを記念して、プロデュース企画「SAF+」が3年ぶりの復活。

出演は岡本セキユと田中健介。若手最注目の彼らが初共演にして烈烈たる二人芝居に挑みます。

★★原作は高校演劇、伝説の舞台★★

原作『逝ったり生きたり』は2010年初演の高校演劇。

大阪・大谷高校の女子生徒らによって上演され、全国大会では創作脚本賞を受賞した伝説の舞台が今回、大幅なリメイクを経て東京の小劇場に蘇ります。

【原案】東尾咲

【潤色/演出】片瀬由紀奈

【出演】岡本セキユ・田中健介

【STORY】

青い空白い雲、光る校庭、屋上に影

セーラー服をなびかせて

たかこ が足を踏み出せば

世界はぐるり旋回し

気づけばここはICU

特別集中治療室

「あなたは…」

「うぉりゃぁぁぁ」

「にしお さん!!」

たかこ と にしおが逝ったり生きたり

青春の臨死体験、始まる

SAF+

シアターグリーン学生芸術祭(SAF)に参加した学生を中心に同世代の表現者達が集まり、互いに多方面において交流・扶助しながら舞台芸術活動、その他多岐に渡る企画を推進していきます。